コンテンツエリア



メインコンテンツ

日刊スポーツ映画大賞

日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞とは

 1987年(昭和62)に亡くなった、戦後を代表するスター石原裕次郎さんの遺志を引き継ぎ、日刊スポーツ映画大賞に併設。毎年、裕次郎さんの誕生日の12月28日に授賞式を行っている。運営も、石原プロモーションが全面協力。前年の受賞者がプレゼンターとなるのも慣例となっている。

 その年に最もファンの支持を得て、スケールの大きな作品に贈られるのが石原裕次郎賞。裕次郎さんをほうふつとさせる将来性豊かな、映画デビュー5年以内の新人に贈られるのが、石原裕次郎新人賞。賞金は各300万円、100万円。

 表彰式で受賞者に贈られる盾には、故黒沢監督が描いた絵コンテがレリーフ(浮き彫り)として使われている。00年の映画「夢」のために黒沢監督が描いたコンテで、主人公の「私」が天使に手を取られて飛翔する構図となっている。95年の第8回からこの盾が贈られている。

■選考委員

 選考会は11月26日に東京・築地の日刊スポーツ新聞社で行われた。選考対象は昨年12月〜今年11月までの公開作品。

選考委員(敬称略、50音順)
秋山登(映画評論家) 石飛徳樹(朝日新聞記者)
伊藤さとり(映画パーソナリティー) 神田紅(講釈師)
木下博通(映画アナリスト) 斎藤厚子(石原プロモーション)
佐々木基(テレビ朝日映画事業部長) 品田英雄(日経エンタテインメント ! 編集委員)
寺脇研(映画評論家) 福島瑞穂(参院議員)
宮崎晃(共同通信記者) 渡辺武信(建築家)
日刊スポーツ選考委員
相原斎(映画大賞事務局) 高木茂久(西日本本社報道部長)
松田秀彦(東京本社文化社会部次長) 森本隆(同映画担当記者)

■選考経過

作品賞
「64―ロクヨン―」が「スケールの大きさ、俳優のすごい演技など映画のだいご味を味わった」(石飛徳樹氏)と評された。「未来に希望を感じる今の時代の意欲作」(福島瑞穂氏)と推された「君の名は。」との決選投票を制した。
監督賞
「君の名は。」の新海監督について「多くの若い人たちが癒やされた。メッセージ性もある」(福島瑞穂氏)などと高く評価する声が相次いだ。1回目の投票で過半数を獲得。
主演男優賞
佐藤について「これからどんどん渋くなっていく。渋い中にも華がある」(神田紅氏)、「彼が引っ張ったから助演の俳優たちも輝いた。座長としてもすごい」(石飛徳樹氏)と評価。1回目で過半数獲得。
主演女優賞
ノミネート時点から宮沢を推す声が圧倒的で「何よりも作品に恵まれ、作品を高めた」(渡辺武信氏)と評価された。「男をだます手練手管は彼女でないとできない」(伊藤さとり氏)と評された大竹しのぶとの決選投票を制した。
助演男優賞
「どの作品でも光っておりすばらしい」(宮崎晃氏)「助演の演技がいい。信頼感があるからこそ」(木下博通氏)など妻夫木を推す声が多い。「家族はつらいよ」などの作品も評価(佐々木基氏)。1回目で過半数を獲得。
助演女優賞
「『怒り』の独特の浮遊感は、なかなか出せるものではない」(福島瑞穗氏)「心でも体でも表現している」(伊藤さとり氏)と、宮崎が1回目で過半数。広瀬すずも「笑顔に救われた」(品田英雄氏)と評価を得ていた。
新人賞経過
有村について「彼女の存在で作品が良くなったものが多い。きれいでまっすぐさを感じる」(神田紅氏)「『夏美のホタル』では1人で作品を持たせていた」(寺脇研氏)など新人らしさと実力が評価された。1回目の投票で過半数。
外国作品賞
「調査報道をコツコツやる姿が良かった」(秋山登氏)など「スポットライト―」が高評価。「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」との決選投票を制した。
石原裕次郎賞
ノミネート段階から「さらば-」はまんべんなくポイントを獲得。「何十年ずっと楽しませてもらった」(石飛徳樹氏)と高評価。「社会現象を起こした」(伊藤さとり氏)と評された「シン・ゴジラ」を抑え、1回目で過半数獲得。
石原裕次郎新人賞
該当者なし




芸能

MONSTA X日本デビュー 勉強中の日本語披露
MONSTA X日本デビュー 勉強中の日本語披露 [記事へ]





右カラム